武蔵野免疫研究所

ホーム > 武蔵野免疫研究所 > 学会・論文発表

生活習慣

「TJ-108」や「宮古ビデンス・ピローサ」に関連する研究発表の記録などです。共同、および委託研究以外の発表については、研究発表をされた先生方に許可を得て掲載しております。
リンクからpdf資料がダウンロードできます。

皮膚科学会からの評価

皮膚科領域の難病にリベド(Livedo reticularis with summer ulcerations)というのがあり、宮古ビデンス・ピローサ含有茶を飲んでいると症状が軽くなったり再発しにくくなることが認められ、医薬品ではありませんが皮膚科学会のリベド治療の『血管炎・血管障害ガイドライン』に、治験をした当時の販売名“かんぽう茶”の名で収載されています。
詳細は、当社までお問合せください。お問合せ

学会名・所載等 表 題 発表者(所属機関) PDF
PAGE TOP